おもちゃ買取詐欺とは

おもちゃ買取における詐欺

おもちゃの買取では詐欺に注意

生活の足しにしたり、何か欲しいものを買うための資金にしたりといった理由で、家の中にある使わなくなったものを買取に出すという人は大勢いて、その中にはおもちゃを処分しようとする人もいるでしょうが、その際には詐欺に対して十分に気を付けることが肝心です。なぜなら業者の中にはその商品の本当の価値の高さを隠して、本来付けるべき査定額よりもかなり低い価格を提示するという悪質なところもあるからです。特におもちゃの買取においては、売る側がどういったものに価値があるかを把握できないことが多いため、しっかりとした査定が期待できるような評判の良い業者を選ばなければなりません。

リサイクル業者を名乗る詐欺

リサイクル業者を名乗って衣類などを高額で買取を宣伝する電話があることがあります。しかし正規の業者は都道府県知事が認可する古物商の資格を持っています。このような資格のない業者に訪問されると、衣類などには目もくれないで、宝石、貴金属があるかどうかを聞いてきます。そしてそのような貴重品を安価で買取をして高く転売します。これは詐欺まがいの商法にあたります。このような商法の被害にあわないように普段からテレビなどのマスコミの伝える情報を知っておく必要があります。万が一被害にあった時には自治体の消費者センターや警察に通報して相談することが大事なことになります。普段から様々な情報を取り入れ、近隣や親族とよく話し合う環境を作っておくことが詐欺まがい商法から身を守ることを忘れてはならないです。

↑PAGE TOP